2006年02月05日

練習レポート(2/4)

於:カンマーザール立川
13:30〜16:30

vn1:3 vn2:2(4) va:4(2) vc:1
ob:1 cl:2 fg:2 hr:2 tp:1 tim:1

今日の注意点など。

○戴冠ミサ
・クレド
 推進力もって。19-21のパターン、
 2拍目8分でテンポゆるまない。
 59小節ritしない、60小節の3拍目はしっかり入る。
 66小節のob、ソロのブレスにあわせる。
 78-79装飾音符をアクセント気味で
・アニュス・デイ
 14前半、歌に合わせてぬく。ブレスを感じる
 49、歌に合わせてぬく。
 53、8分音符おそくならない。in tempo
 71はAllegro con spiritoでなくAllegro con moto
 70の3拍目からもう次のテンポ。切り替える。
 72のobリズム正確に。遅れないように。
 83アウフタクトからの弦、元弓でマルカートで。重く。

○アリア
 No.4
 レチタ11から、4分音符は音価どおり。休符でルバートする。
 21 Larghettoもまちがい。3拍目からAndante。
 28 ob、アウフタクトはテヌートで。
 32 1、2拍目のスタカートは音価どおり。つめすぎない。
 47 fpの2分と次の4分の間、歌に合わせてブレス。
     helft! ,   ach |helft!
     fp ー ブレス ー 4分|2分  
   次の4分音符は続くfpのアウフタクトと感じる。

 No.14
 4分音符=140 160で。
 冒頭のキザミ、pで音をタテて。
 92 3・4拍目はのびるが、93はもうinTempo

○序曲
 2nd18.19、ist22、23前向き
 64〜木管、8分音符の後の4拍目の16分音符を前向きに、テンポよく感じる

後半
○パリ
 1楽章
 146以降アタマの4分音符はするどすぎず。タンギングきつくならないように。
 207 2分音符でのびすぎない。次の8分音符はテンポで。ヴィオラきいて。
 288からの下降形は軽快に。
 
 3楽章
 9 2分+4分4分のパターン、4分音符をマルカートで。
 33、34 木管 全〜4分と2分の間少し隙間あける。
  ターーーン,ターッタ

 2楽章
 アタマのfやわらかく、次のpは落差つけて。
 27、28f弦は元弓で。ボウイングはすべて返す。休符を大事に。
 31、32(大)33、34(小)だが、次に出てくるエコーは
 73、74(小)75、76(大)で、
 33のホルンはユニゾンではなく1本で。 

次回は2/18。
カンマーザール。
指揮者/内容は別途連絡します。
posted by 安人忍 at 22:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 練習レポート
この記事へのコメント
アリア14のレポで一箇所記述を間違えましたので訂正します。
本文も訂正しましたが、速度標記が
(誤)四分音符=140
(正)四分音符=160
です。大沢君指摘ありがとうございます!
Posted by 安人忍 at 2006年02月10日 13:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/326889

この記事へのトラックバック